(タタ ) [プロフィール]


「のど自慢」から「人生自慢」へ

2012-05-20

佐々木先生:

こんにちは。

私はハルピン工業大学の日本語学科三年生で、タタともうします。関根先生が私の担当先生ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
「のど自慢」をテーマにした作文を提出いたします。不足なところがたくさんありますが、どうぞご指摘ください。


「のど自慢」から「人生自慢」へ
  
「のど自慢」はNHKの公開視聴者参加の歌合戦番組で、60年以上続いている長寿番組として、日本の方々に好まれています。年齢問わず、職業問わず、歌への熱心さえあれば、だれでも参加できます。
私は歌うことにとても興味深いから、ネットで調べてみて、いくつかの「のど自慢」の動画を見てみました。その中、長山洋子さんが歌った「木曾の翌檜」のビデを見ましたが、姿があまりにも美しくて、「やまとなでしこ」にもあてはまると思いました。今の若者も現代の音楽をよく聞きますが、日本伝統的な歌をあまり聞かなかった気がします。この番組をきっかけに、着物姿の日本人の女性が伝統な歌を歌う場面に憧れるようになりました。日本の文化は外国人にとって、やはり魅力的に見えると思います。
また、盲人歌手の清水博正さんの歌に感動し、なんと癒した声だろうと思い、心を打たれてしまいました。

ところが、中国でもここ10年以来、ソングコンテストブームに乗ってきました。ソングをはじめ、ダンスや特技など、いろいろな分野まで広げています。特に、中国中央テレビ局が放送された「星光大道」という歌合戦番組は人気になっています。歌合戦番組というより、民衆的なステージになったと言えるでしょう。学生にしろ、農民にしろ、体の不自由な人にしろ、だれでもこのステージで自分の歌声を全国の人々に聞かせます。
この中に、阿宝というごく普通の農民が最も印象的でした。彼は歌うことを習ったことが全然なかったですが、天然的な声で、純粋な心で歌っていると評価されまして、2007年度のチャンピオンでした。
 
音楽というものは、時代や国境や年齢などと関係なく、世界中の人々が共通に好まれるといえるでしょう。歌は言葉と比べると、よりよく心の底の気持ちが表れます。それに、音楽によって、その国の文化も知られ、異文化コミュニケーションにもある程度で役に立てると思います。
最も重要なメリットは、やはり個人的に自信を与えることだと思います。男女の別もなく、人種の別もないことからこそ、本当の自分を皆に迷いなく表現することができます。「のど自慢」から自信をもらって、明るい未来がきっと来るということをしっかり信じるようになります。それをきっかけに、人生もも自慢になれるといいでしょう。


以上


                             タタ

コメント一覧
名前:作文添削チーム 藤尾書き込み時刻:2012-05-25 15:31:22
タタさんへ
ハルピンから作文をありがとう。大学で日本語を勉強しているのですね。タイトルがとてもステキで、どんな作文なんだろうと読みたくなります。内容も、まず、日本ののど自慢、次に中国の状況、最後に音楽に対しての考えと、しっかりした構成で書けています。いくつかの表現をより自然な表現に直しました。また来月も作文を書いて送ってくださいね。


「のど自慢」から「人生自慢」へ
 「のど自慢」はNHKの公開視聴者参加の歌合戦番組で、60年以上続いている長寿番組として、日本の方々に好まれています。年齢問わず、職業問わず、歌への①熱心さえあれば、だれでも参加できます。
私は歌うことにとても②興味深いから、ネットで調べてみて、いくつかの「のど自慢」の動画を見てみました。③その中、長山洋子さんが歌った「木曾の翌檜」の④ビデを見ましたが、姿があまりにも美しくて、「やまとなでしこ」⑤にもあてはまると思いました。今の若者も現代の音楽をよく聞きますが、⑥日本伝統的な歌をあまり聞かなかった気がします。この番組をきっかけに、着物姿の日本人の女性が⑦伝統な歌を歌う場面に憧れるようになりました。日本の文化は外国人にとって、やはり魅力的に見えると思います。
また、盲人歌手の清水博正さんの歌に感動し、なんと⑧癒した声だろうと思い、心を打たれてしまいました。

①熱心→熱心さ な形容詞に「さ」をつけて名詞にします。
②興味深いから→興味を持っているので
③その中→その中で
④ビデ→ビデオ
⑤にもあてはまる→とも言える
⑥日本伝統的な→日本の伝統的な
⑦伝統→伝統的な


ところが、中国でも⑨ここ10年以来、ソングコンテストブーム⑩に乗ってきました。ソングをはじめ、ダンスや特技など、いろいろな分野まで⑪広げています。特に、中国中央テレビ局が⑫放送された「星光大道」という歌合戦番組⑬は人気になっています。歌合戦番組というより、民衆的なステージになったと言えるでしょう。学生にしろ、農民にしろ、体の不自由な人にしろ、だれでもこのステージで自分の歌声を全国の人々に聞かせます。
この中に、阿宝というごく普通の農民が最も印象的でした。彼は歌うことを習ったことが全然なかったですが、⑭天然的な声で、純粋な心で歌っていると評価されまして、2007年度のチャンピオンでした。
 
⑨ここ10年以来→ここ10年
⑩に乗ってきました→が起きています。
⑪広げています→広がっています
  自動詞「広がる」を使います。

⑫放送された→放送した 受身にする必要はありません。
⑬は人気になっています→が人気があります
⑭天然的な→自然な


音楽というものは、時代や国境や年齢などと関係なく、世界中の人々⑮が共通に好まれるといえるでしょう。歌は言葉と比べると、⑯よりよく心の底の気持ちが表れます。それに、音楽によって、その国の文化も⑰知られ、異文化コミュニケーションにも⑱ある程度で役に立てると思います。
最も重要なメリットは、やはり個人的に自信を与えることだと思います。男女の別もなく、人種の別もないことからこそ、本当の自分を⑲皆に迷いなく表現することができます。「のど自慢」から自信を⑳もらって、明るい未来がきっと来るということをしっかり信じるようになります。それをきっかけに、21人生もも自慢になれるといいでしょう。


⑮が→に
⑯よりよく→より
⑰知られ→知ることができ
⑱ある程度で→ある程度
⑲皆に迷いなく→自由に
21.人生も自慢になれるといいでしょう→自慢できるような人生が送れるといいでしょう


以上




トラックバックした記事


トラックバック先URL
http://tensaku.hitomedia.jp/tb/3302089?nid=20120520134537


1|